MENU

雲のやすらぎの寿命を伸ばす2つのポイント!口コミに悪評はある?

「雲のやすらぎ」という布団は、体圧分散効果で体の痛みを軽減します。5層構造で作られており、ふかふかの柔らかい布団でぐっすり眠ることが可能です。

 

ですが、このようにふかふかの布団を購入する時、その布団の寿命(耐久性)が気になってしまいます。数か月使用してへたってしまっては、高いお金を払って購入した意味がありません。何年も使い続けたいですし、出来れば一生使える布団を探している人はいるでしょう。雲のやすらぎは、寿命(耐久性)をのばすためのコツがあります。寿命(耐久性)をのばすコツを知って、雲のやすらぎを長く使い続けましょう。

 

まず、天気の良い日には窓際に立てかけて風邪を当ててあげることをおすすめします。水分を取り除くことは、布団を長持ちさせることに繋がります。
また、2週間に1回は布団の上下を入れ替えましょう。裏表を入れ替えるのも良いですね。布団をまんべんなく使用するようにすることで、一部分だけへこんでしまうのを防ぐことが出来ます。

 

このように、意識してメンテナンスを行うことで、雲のやすらぎの寿命(耐久性)をのばすことが出来ます。これまでに柔らかめの布団を使用したことが無い人も、しっかりとメンテナンスを行うことで出来るだけ長く使い続けたいですね。

 

 

>>敷布団で大人気!雲のやすらぎ公式サイトはこちらです

 

 

 

「雲のやすらぎ」の悪評に真相は?

 

雲のやすらぎの悪評が気になったので、口コミサイトを調べてみました。

 

雲のやすらぎは、腰痛などを予防することが出来ると評判の布団です。ですが、悪評もあるとのことだったので、口コミサイトを見てみました。口コミのほとんどは、「使用し始めて体の痛みが軽減された」「雲の上に寝ているかのようなふんわり感」など、高評価のものが多いです。ほとんどの人が、雲のやすらぎを使用したことで体の痛みが軽減されたことを実感しているようです。

 

しかし、雲のやすらぎに低評価を付けている人もいます。

 

低評価の人の口コミを見てみると、「布団をしまうのが大変」「布団が数か月でへたってしまった」などと書かれていました。雲のやすらぎは、使い方によってはデメリットもあるようです。
雲のやすらぎは5層構造で作られているため、その分の重さがあります。また、体圧分散効果を高めるために、折りたたむことの出来ない構造となっています。毎日押し入れに布団をしまっている人にとっては、出し入れが大変かもしれません。また、こまめに布団のメンテナンスを行わなければ、布団がへたってしまう原因になります。

 

口コミから雲のやすらぎの悪評の真相を確かめてみたところ、個人の使い方によってはいくつかデメリットがあることが分かりました。

雲のやすらぎを使用するメリットって?

「雲のやすらぎ」で検索すると、メリットやデメリットが書かれたサイトが出てきます。どのような商品にも、メリットがあれば必ずデメリットもあるものです。ここでは、雲のやすらぎを使用することのメリットについて見ていきましょう。

 

一般的な布団で寝ている時、体のどこかしらに負担がかかってしまっている可能性があります。体に合わない布団で寝ていることで、布団がしっかりと体を支え切ることが出来ません。すると、体を自分で支えようとして、体の一点に力が入ってしまうのです。このような状態で眠っていると、朝起きた時に負担がかかっていた部分に痛みを感じる原因になります。
雲のやすらぎは、このように体の一点に負担がかかることを防ぐために、体圧分散をしてくれる作りになっています。体圧が分散されることで、体の一点に力が入ることがなくなり、腰痛などを防ぐことが出来ます。また、横向きで眠る際にも、骨盤や背骨がゆがむことを防いでくれるのです。

 

雲のやすらぎを使用する一番のメリットは、体の痛みが軽減されることです。また、体に合った布団を使用することで、より質の良い睡眠を取ることが出来ます。質の良い睡眠は、疲労回復に大きな効果をもたらします。
自分の体のために、雲のやすらぎを使用してみてはいかがでしょうか?

 

雲のやすらぎを取り扱っている販売店は?

 

最近あまり良く眠れていないと感じたら、布団を買い替えてみるのが良いかもしれません。布団が体に合っていないと、睡眠を妨げる原因になってしまいます。また、枕の高さが合っていないと首や腰に負担がかかってしまうこともあります。

 

枕の高さは、あまり高すぎてはいけません。座布団にバスタオルを巻いたぐらいが、人間が眠るのに丁度よい高さであると言われています。低めのように感じますが、このぐらいの高さで眠ることで気道を塞ぐことなく、ぐっすりと眠ることが出来るそうです。
体に合った敷布団を探す時には、しっかりと体を支えられるかどうかを基準にすると良いでしょう。「雲のやすらぎ」は、5構造で作られており、体をしっかりと支えてくれます。そのため、体の一点のみに負担がかかってしまうことが無く、腰痛や肩こりを軽減することが出来ます。

 

雲のやすらぎを市販で取り扱っている販売店はありません。また、直営の販売店もありません。そのため、購入する時には通販サイトからとなります。現在は、公式サイトや楽天市場で購入することが出来ます。また、公式サイトと楽天市場では最安値で購入することが出来るのでおすすめです。
雲のやすらぎを購入したいと考えているなら、通販サイトを検索してみましょう。

 

 

 

↓雲のやすらぎ公式サイトはこちら↓
雲のやすらぎ

 

 

  • 雲の安らぎについてもっと知りたい!

 

人気のマットレス「雲のやすらぎ」についてさらに詳しく解説しています。
口コミから評価まで、商品の詳細を確認したい方は下記のリンク先からご確認くださいね。
雲のやすらぎ|口コミはデメリット(悪評)が多い?【※要確認】

 

腰痛の原因は「姿勢の悪さ」にあり?

20代の頃までは、肩こりとは無縁で過ごしてきました(ただ今40代前半です)。
30代になり、日中パソコンを使うデスクワークの仕事に就くと次第に肩がこるように。はじめは「ずっと同じ姿勢で椅子に座りパソコン画面とにらめっこしながらキーボードを打っているので、一種の職業病だろう」と軽くとらえ、月に何度か整体に通う日々が続きました。整体の施術直後は、肩の筋肉がほぐれ、すーっとまるで別人のように肩が軽くなりました。しかし、一週間もすると、だんだん肩こりの症状があらわれるの繰り返しです。

 

30代も半ばを過ぎると、加齢のせいもあるのか肩こりが慢性化してきました。そんな中「何か自分なりの原因があるのではないだろうか」と考え始めるように。そしていくつかの悪い生活習慣があったことに気が付くのです。

 

まずひとつ目は「姿勢が悪い」ということです。パソコンに向かって座っている姿勢の重心が利き腕である右側に偏っていたため、主に肩こりの症状が出ていた右肩に、かなりの負担がかかっていたのです。利き腕だけではなく『利き目』も右目なので、ついつい右目重視で見てしまうのもよくなかったのかもしれません。
ふたつ目は「作業中に適度な休憩を入れていなかった」ということです。自分のペースで仕事ができると、つい集中してしまい同じ姿勢をとることが多くなっていました。
最後は「日常の運動不足」です。学生時代に比べ、体を動かすことが少なくなっており、ほどよく肩の関節う頻度が減っているのは否めませんでした。
これらの悪い生活習慣を意識して、座っているときの姿勢の重心を真ん中にくるよう保ち、作業中はこまめに休憩をとり、休日はスポーツジムに通いはじめた結果、肩こりの症状は改善していきました。

 

あとは『これらの行動の継続』が大切ではないかと思っています。

 

 

健康的な体を維持したいのなら食事には気をつけるべきです

 

食事は私達の生活にとって重要なものです。というのは、食事をするということはただ単に空腹を満たすための行為ではないからです。
普段忙しくて食事がおろそかになっている人は特に意識はしていないかもしれません。ですが、栄養バランスの悪い食生活は少しずつ私達の体を悪い方向へと変えていってしまうのです。
最近肌荒れが酷い、顔の乾燥が酷い、などと感じるとまず基礎化粧品を心配したりしていませんか。でも肌の状態が悪くなるということはまず、自分の食生活を疑ったほうがいいんです。実は、あるきっかけで私は食生活をガラリと変える状況になりました。もちろん生活習慣も、です。

 

毎日決まった時間に起きて、決まった時間に食事、食品添加物の入った食べ物は食べない、そういった生活をすることになったんです。その生活がはじまる前までは肌荒れが酷く、便秘も酷い、特に顔の乾燥が酷くて化粧水がしみる感覚さえあったんです。ですが、規則正しい生活と自然なものを食べるという生活がはじまってから少しずつ肌の状態も改善していきました。それまでは毎朝毎晩、化粧水と乳液が必須だと思い込んでいたんです。スキンケアを怠っているために肌の状態が悪いと思っていたのですが、規則正しい生活をはじめてからは基礎化粧品を使用したスキンケアをしなくなりました。ですが、それでも肌の状態はどんどんよくなっていったんです。

 

その後、また食生活が悪くなってくると肌の状態が悪くなってきたのです。また、自分の爪の周辺などもなぜかささくれなどがよくできるようになり、手の状態が悪化していったんです。
こういったことを実際に経験すると私たちの生活にとって食事ほど重要な意味を持つ行為はないのではないか、と強く思うようになりました。それからは全ては無理ですが、ストレスを感じない範囲で少しずつ食事内容を改善しています。